一口にビルトインコンロといっても、そこに搭載されている機能については、メーカーや機種ごとに多種多様です。

見た目は同じでも、機能に大きな違いのある製品も珍しくありません。これからキッチンのリフォームなどで、ビルトインコンロの導入を検討している方は、実際にどんな機能が搭載されているのか、あらかじめチェックしておく必要があるでしょう。

ここではビルトインコンロの様々な機能について、詳しく紹介します。

そもそもビルトインコンロって何?

ビルトインコンロとは、キッチンの天板とコンロが一体型のタイプのものを指します。キッチン天板にコンロを埋め込んだ形状なので、継ぎ目のないフラットな仕上がり見せます。もちろん見た目の美しさだけでなく、キッチン全体の使い勝手も向上します。

ただし設置や交換をする際には、ガスや配線などの特別な工事が必要になります。信頼のおける有資格の専門業者に依頼するとよいでしょう。その一方で、コンロ台の上に据え置くタイプとして知られる、テーブルコンロもあります。

コンロ台のサイズさえマッチしてれば、特別な工事をすることなく、自分で簡単に設置や交換を行えます。継ぎ目やデザインさえ気にならなければ、最も手軽に扱えるタイプと言えるでしょう。

ビルトインコンロには、こんなに便利で魅力的な機能が満載!

ビルトインコンロの基本的な機能は、コンロやグリルを使った調理機能に集約されます。ただし機種によっては、食材やメニューごとに火力を調整したり、火消しまでしてくれるなど、さらに高性能で多彩な機能を備えたものが目立ちます。

そこでそれぞれの機能について、幾つか具体的に見てみましょう。・炊飯機能ガス火で炊くため、ふっくらつやつやのご飯が出来上がります。しかも通常の電気炊飯器と比べ、約半分の時間で炊き上げることが可能です。また機種によっては、おかゆや炊き込みご飯を設定することもできます。

さらに「やや硬め」から「もっちり」まで、ご飯の炊き具合まで細かく調整できる機種もあります。

いずれもボタンひとつの簡単操作。忙しい方にはおすすめの機能です。なおほとんどのケースで、専用炊飯鍋は別売りとなっています。・湯沸し機能お湯を沸かすというシンプルで基本的な機能にも、こだわりのある機種が沢山あります。

最も多いのが自動消火機能。これはお湯が沸くと自動で消火してくれる、便利な機能です。コンロから目を離して、うっかり忘れてしまっても、これなら安心です。また沸かしたお湯を、さらに自動で保温状態にする機種もあります。

これならば慌ててポットへ移し替えなくても、沸かしたお湯が無駄になることはありません。・麺ゆで機能蕎麦やパスタといった麺類の調理は、水量や火力あるいは時間などに繊細な気配りが必要なので、簡単なように思えて意外と難しいものです。

そんな難しい調理であっても、麺ゆで機能のあるビルトインコンロであれば、ボタンひとつで簡単楽々に調理することができます。水の量から麺の量さらに火力まで、全て自動で判別して調整。タイマーで時間設定さえすれば、吹きこぼれないように、最後までしっかりと麺を茹で上げてくれます。

これならば調理がちょっと苦手な方でも安心ですよね。・オートメニュービルトインコンロにあらかじめプログラムされたメニューや調理モードを設定すると、あとは全て自動的に特定のレシピを完成してくれる、たいへん便利な機能です。

最先端のものであれば、専用アプリからレシピに沿った調理モードや温度を指定し、さらにそれを送信するだけで、自宅で本格的なプロの味を堪能できます。もちろん火加減や加熱時間さらに消火まで、自動的に判定してくれるので安全安心。

日ごろから仕事や育児など、調理と並行して作業を進めるシーンの多い方にとっては、まさに最適な機能と言えるでしょう。

ビルトインコンロならば、グリル機能も多彩で充実!

ほとんどのビルトインコンロには、グリル機能が内蔵されています。この点、ひと昔前であれば、グリルといっても簡単な魚焼きができる程度の認識だったかもしれません。しかし最新のグリルでは、魚焼きはもちろんのこと、どんな料理にも幅広く対応できる、優れた機能をそろえています。

また、ほとんどの機種で「無水両面焼」がスタンダードになっているため、かつてのようにグリルのトレイに水を張ったり、調理後に油で汚れた水を処理するといった、面倒な手間がかかりません。お手入れも楽なので、お料理好きな方はもちろん、どんな方でも気軽にグリルを活用できます。

さらにコンロと同じように、グリルにも多くの機種で「オートグリル」といった、自動制御による便利な機能が増えています。例えば魚を焼く場合でも、姿焼・切身・干物といった種類ごとに、焼き加減を自動的に微調整。いちいち目視で焼け具合をチェックすることなく、各食材にふさわしい絶妙な焼き上がりを実現します。

なお、日ごろから大きめの魚介類や、丸ごとステーキなどを焼くケースが多い場合、あるいは大量の食材を頻繁に焼く家庭などには、ワイドグリルがおすすめです。一度にたくさんの食材を、丁寧な仕上がりで焼くことが可能なので、調理の時短にはピッタリです。

ビルトインコンロのガス接続は自分でできる?

何といっても安全が基本!ビルトインコンロには、安心できる機能がいっぱい!

原則的にほとんどのビルトインコンロには、国の安全基準や業界の安全基準によるものなど、二重三重に安全機能が搭載されています。特に最新のビルトインコンロには、2008年に国が定めた安全基準によって、「Siセンサー」と呼ばれる安全機能の搭載が義務付けられています。

この「Siセンサー」には、「温度センサー」と「炎検知センサー」の2つの機能があります。「温度センサー」は鍋底の温度を感知するもので、コンロ上が約250℃に達すると自動的に消火して、調理油などの発火を防ぎます。

また「炎検知センサー」では、吹きこぼれや煮こぼれ、あるいは風などで火が立消えになった際には、自動的にガスをストップ。これによって、ガス爆発や一酸化炭素中毒などの危険を未然に回避します。

国の安全基準に加え、大手メーカーを含めたほとんどのメーカーの機種には、業界の安全基準による様々な安全装置を搭載しています。例えば、消し忘れ消火機能もその1つ。コンロから目を離して、うっかり忘れてしまっても、一定時間が経過すれば自動で火が消える仕組みです。

他方で、早切れ防止機能というものもあります。

これは炒め物や揚げ物で必要とされるような高温状態になっても、そこであえて消火しないで、自動的に火力だけを調整し、早切れを防止する機能です。知らないうちに火が消えて、調理が中断するのを防ぎます。

メーカー独自の安全機能もチェック!

前述の安全機能の他にも、各メーカー独自の安全基準によって、製品に標準搭載された機能もあります。例えばある大手メーカーの機種には、鍋底が焦げ始めると感知し、自動的に消火する安全機能を搭載しています。また何らかの誤作動による点火を防ぐため、点火ロック機能を内蔵している機種もあります。

さらにコンロ上で一定の時間、鍋類が乗っていないと自動消火する鍋ナシ検知機能や、震度4以上の揺れのみを感知して自動的にガスを止める、感震停止機能などを標準搭載した製品もあります。安全機能にこだわりのある方は、各メーカーごとによく調べ、自分のニーズにマッチした機種を見つけるとよいでしょう。